教育改革、何からどうする?

2020年の教育改革により、学校の学力の評価は従来の暗記中心から読解・思考・問題解決・表現力等を問う問題へと移ります。自分の考えを論理的に表現する力が求められます。
また小学5年生から英語が教科として取り入れられ、小学5、6年生で学ぶ英単語数は600単語以上になります。文法ではなく会話や日常生活の表現を学んでいくスタイルです。従来の単語と文法を積み上げていくカリキュラムではないので、短期間に多くの単語と英語表現を覚えていかなくてはなりません。

小学生英語教育改革に伴い、群馬県の公立高校の入試問題も記述式の問いが年々増加しています。特に社会科は全国の中で最多の記述量となり、英語の入試問題ではリスニングと英作文の量が年々増えています。
英作文は練習をして直ぐに書けるものではないので、構文や単語を使いこなせるまでに仕上げていなければなりません。そして、すでに都内では都立高校の入試問題にスピーキング(話す)が取り入れられています。
数年後には群馬県の公立高校にもスピーキングが取り入れらると想定して当校ではすでに取組みを開始しています。
英語はこれからの学力観である(聞く、話す、読む、書く、の4技能を日々のトレーニングで磨いていくことが大切です。

記述力については中学生になってから、記述(作文)力を磨いていくのはとても大変です。
小学生のうちにグラフの読み取りや自分の意見を短い文章でまとめる練習等をしていくと良いでしょう。
また、英語に関しては、リスニングやスピーキングの能力は直ぐには育ちません。聞き取りの能力は年齢が低いほど習得できるので、小学生から生の英語を聴くことで、英語を正確に聞き取ることのできる能力を育てることができます。
そのような理由から、当校ではオンライン英会話を導入しています。英語をオンラインで外国人からテキストに沿って文法(構文)を系統的に学びます。
当校でこれを導入した結果、受講した生徒さんがリスニングや発音の正確さを、短期間で実感しました。

また、大学入試問題の英語は外部の検定を採用することが決定されました。TOEICやTOEFL、GTECを高校生が受験していくためには、現状の英検の2級を中学3年までに取得する勢いが必要です。
スコア化された得点を競うのですから、高校生でも高得点が普通に出せる時代が目の前まで来ています。小学生の今からの準備が必要不可欠です。(高等部コースではGTEK対策をスタートしました。)

そしてそれらの記述の能力や英語力の基盤となる力は国語力(読解力)です。
文章を早く正確に読み取る力です。そして母国語以上に伸びる外国語はありません。
本校の理念「本当の学力の育成」は正に読解力(国語力)の育成です。読解力は経験豊富な国語の専任講師が一人ひとりに指導し、また個別カリキュラムを立案します。
低学年から取り組むことで語彙力・表現(作文力)・読書スピード等、国語の能力になくてはならない力を自然と身に付けることができます。

教育改革、何からどうする?
まずは国語(語彙力)を鍛え、記述(作文)力を磨くことです。
そして英語をの4技能(聞く、話す,読む、書く)を意識して取り組みましょう。
 
 

指導内容

読書読解コース

読書小学部コースでは、読解力をつけるために読書読解コースで名作を多読します。
様々なジャンルの名作を読み、表現力や知識、語彙を伸ばしていきます。また読んだ本の感想文指導を国語科の専任講師が文章の書き方から指導します。個別で行うことで一人一人の個性を生かしながら表現力を鍛えます。
また長文読解テキストを習熟度別、段階別テキストで演習します。論説文や小論文、小説、歴史書、エッセイ(随筆)等の長文を解けるようにしていきます。
はじめは難しいと感じていたテキストも次第に読み取りができるようになります。
読解力ほど個人差の大きい取組はありません。
内容を読みとれるようになるまで講師が個別で指導し最大限に伸ばします。
そして、辞書引きの徹底指導や漢字検定試験を実施することで、国語の基礎力である語彙や漢字の学習にも力を入れています。

授業時間 60分・90分/週1回or週2回
指導内容 ・音声朗読による速聴読で読書速度を高めます(等倍~10倍)
・名作を速聴で読み感想文を書きます。
・読解力テキストで、正確に読む力、表現する力を錬成します。
・記述対策として適正検査問題を行います。
・学期ごとに学力テストを行います。
・首都圏摸試の実施
・全国読書感想文コンクールへの参加
・漢字検定の実施

 

思考力算数育成コース

思考力算数基礎学力の上に思考力(応用力)算数が成り立ちます。
このコースは入塾テストを行い、基礎力の必要な生徒さんは基礎学習コースを受講してからのコース編入となります。
使用するテキストは首都圏の中学受験に対応する内容です。しっかりと思考して解く数学的な思考力を育成します。
また、個別指導ですので、進度は一人ひとりの能力に応じて学年にこだわらずに進むことができます。
小学校5年生から首都圏受験コースと非受験コースに分かれて錬成します。
当校は首都圏摸試の指定校になっています。

授業時間 60分・90分/週1回or週2回
指導内容 ・応用問題中心の思考力錬成テキストで数学的な思考力を育てることが
できます。
・平面や立体はキューブや数理パズルを取り組みます。
・一人一人の能力に応じて、学年にこだわらず進むことかできます。
・首都圏摸試の実施
・学期ごとの学力検査の実施
・数学検定の実施

 

小学生英語科コース

小学生英語科コース2020年より指導要領が変わり、英語は4技能(聞く、話す、読む、書く)が求められます。
オンライン英会話で「聞く・話す」の能力を育成し、従来型のテキストで、「読む・書く」の力を伸ばします。
リスニングは年齢が低いほど聞き取る能力を身に付けることができます。
また、ライティングは最初が大切です。英単語の書き方、覚え方から個別指導します。
オンライン英会話は毎回の授業ごとに作成されているテキストがありますので、、講師による進度の差がでません。
また一人の外国人講師に毎回教わるのでなく、複数の外国人とレッスンを組んで、会話力の多様性を引き出しています。
日本人講師がフォローに入るので、初めて習う生徒さんも安心です。

授業時間 50分(オンライン25分 日本人講師によるレッスン25分/週1回or2回)
オンライン英語
指導内容
・オンラインで外国人とプライマリー(構文)と日常表現を学びます。
・リスニング力や表現力を身に付けます。
・オンライン25分週の後は、講師によるレッスンで文法や表現の押さえを個別指導します。
・定期的に保護者さまに取組を報告
・英語検定試験の実施
2020年実施小学生英語「YOU CAN」に完全準拠で対策を行う。

 

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他のコース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook