2020年。教育大改革の幕開け

太田市の塾・学習塾・幼児教育・小学受験・中学受験・高校受験・大学受験・国語重視指導・漢字検定・数学検定・英語検定・英語4技能・個別指導・自習室完備・泰利学舎塾長ブログ

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

さて、新しい年が明け、令和2年となりました。

本年は2020年です。

 

いよいよ教育改革の年の幕開けとなりました。

4月より、小学校でプログラミングと英語が

教科として登場します。

小学校の現場ではきちんと準備はされているのでしょうか。

現状は、同じ太田市内でも移行措置として英語を導入している学校と

何も対策していない学校に分かれている様子です。

 

そして大学入試改革に於いては、

昨年の年末まできて、6年後に見送られました。

これが日本という一国の教育政策なのですから、

言葉が見つかりません。

 

しかし、そのまま実行されても、

受験生にとって公正・公平という点で

非常に疑問の残る内容でしたので、

生徒たちにとって、入試改革の延期は本当に良かったと感じます。

あと一年早くこの結果が出されていれば、

教育現場や生徒たちの混乱はもっと避けられたでしょう。

 

英語の外部入試に対応する力を身に着けるために

色々模索していた当校では

一昨年前の10月からオンライン英語を導入して

英語の4技能とされる「話す・聞く」の対策に努めて参りました。

今では当校に通う小学生の半数の生徒さんが

オンライン英語を導入しています。

「相手」がいると、話そうとする力や、聞き取りの力が

自然と身に付くようです。

小学生や幼児さんは

受講から数か月で綺麗な発音で話し始めます。

 

では、大学入試改革の英語で外部の検定を活用するのであれば

一体いつから取り組んだら良い結果が出せるのか、

真剣に模索しました。

 

文部科学省大臣の口から

「身の丈にあった入試を」という発言があり

物議を醸し出しましたが、

この言葉がすべてを物語っているように感じました。

高校3年までにTOEIC等の英語の外部検定で、

ある程度の結果を出せる生徒さんは、

幼少期から、いわゆる「エリート教育」を受けてきた子どもたちではないでしょうか。

英語の構文を積み上げて取れる検定ではないのです。

 

入試のの公平・公正さに揺れた結末のようでしたが、

私には新しい入試制度への準備のための6年ではなく

英語の教育の格差を埋めるために用意された6年であるように思えました。

 

それならば、小学生から英語を鍛えていけばどうにかなるのではないか。

「身の丈」という教育の格差を諦めるのではなく、

それに対応できる英語教育を提供していこうと

大きな志を持ちました。

 

年頭のブログに記すことで、

皆様にとっても今年一年の目標となれば幸いです。

 

教育改革に舵取りされるのではなく、

大改革を一緒に乗り越えていきましょう。

 

いつもお読み頂いてありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. 教科書10年前より36%増

  2. 算数の文章問題の解き方

  3. 群馬県公立高校後期選抜試験考察

  4. 群馬県高校入試ラストスパート

  5. どこまで下がるの? 公立高校偏差値

  6. 能力開発

    能力の差は脳の使い方によって生じる

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年8月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
2020年7月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約