がんばりコンクール

太田市の塾・学習塾は 幼児教育・小学受験、中学受験、高校受験、大学受験の泰利学舎へ

塾長ブログ

 

いつもブログをお読みいただいて有難うございます。

本日は幼児コースの取組をご紹介します。

写真はテキストを一冊仕上げると1マス塗るという、がんばりコンクールです。

幼児は進級式テキストを採用していますので、

できるお子様は自分のペースで進めることができます。

先取りが良いことばかりではありませんが、

幼児さんの場合は、先取りをするほど繰り返すことも増やせるので、

反復練習をするという点で、先取りは非常に有効です。

一週間で15ページのテキストを2冊仕上げてくる生徒さんが増えてきました。

この調子でいくと1年間に100冊ほど進めることができます。

このテキストは40年の歴史のある、基礎教育研究協会で作られています。

全国統一テストで一位を何名も排出しています。

そして、この反復練習された基礎力は、その後の能力を飛躍させてくれます。

 

公立一貫校や私立一貫校では、公立学校とは違う独自のカリキュラムを立てて

学習指導を行っています。

中学1年生から、大学受験を考えて学習計画が作られています。

中学3年生の頃には、高校1年生の授業内容が進められています。

国立大学や有名私大を現役合格させるための

カリキュラムと言っても過言ではないでしょう。

 

塾としても、目指すゴールは同じです。

ではどの時点で、先取りを進めていくと良いか。

それは、年齢が低いほど、先取りはしやすいですから、

幼児、低学年のうちが好ましいといえます。本人もあまり負担にならない時期です。

 

今後、今育てている幼児さんから、

無学年進級式で学年+1学年の学習要領で進めていきます。

中学2年生で、中学3年生が終わっている

中3生は受験勉強しながら、高校1年を進めます。

 

2020年の教育改革では、大学入試のセンター試験が大きく変わります。

英語は外部検定トーイックが活用される予定です。

高校生で勉強しながら、検定でスコア取得していくと考えると

かなりハードに思えます。

 

その時のためにも、今からの学習はとても大切です。

学力だけが決して人生ではありませんが、

受験はどの生徒も避けて通れないのも実情です。

 

幼児、小学生からの通塾ですばらしい能力を身に付け

余裕のある受験期を迎えて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. タイムを計ろう

  2. 基礎の繰り返しは高い質を生むvol.2

  3. 夏期講習準備

  4. 群馬県公立高校前期試験への取り組み

  5. 中学準備英語

  6. カール・ヴィッテの教育法②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約