中学準備英語

英語教育の関心は年々高まっているというよりも、

当り前のように定着してきているのが、

現状の教育観のように感じます。

 

10年前はクオリティーの高い、流暢な英語が求められていましたが、

現在は、小学校での英語指導が2020年から始まること、

大学受験も試験が大幅に改訂され、

英検取得の待遇が謳われていることから、

英会話よりも、目先の英語授業、テスト対策、検定に関心が移っています。

 

始める年齢にもよりますが、

小学生の低学年であれば、

あまり文法に拘らない基本文や会話、英単語の入力を行うことです。

とにかく英語が楽しいと思えること。

小、中、高校、そして大学入学後も英語という教科はついてきます。

小学校から苦手意識を持つことは避けたいからです。

 

いつごろから始めたらいいですか?

という質問をよくいただきますが、

答えは、「生後7か月くらいまでに、英語の環境を作る(聞かせる)ことです」

10年の幼児教室勤務経験から、

1歳を過ぎて英語の体験に来たお子様は、

ネイティヴの話す英語を聞いて、

外国語(普段聞いている母国語ではない)として脳が処理(シャットアウト)してしまうこと。

絵カードの英単語の入力も、知っている絵が出でくると

日本語で答えたりすることを見てきました

 

自分自身も子育てをして、

生後9か月くらいから急激に

周りの刺激に対して反応が鋭くなってくるのを感じました。

知っているものや、自分の好きなものを指指して示したりはじめます。

日本語を母国語として捉え、表現し始めるのです。

 

ですから、その前に英語を日常的に聞かせておくと、

母国語とまではいかないものの、

必要なもの、興味あるものとして脳が捉えます。

入力がし易くなり、幼児の脳の特質である爆発的な

吸収力で、母国語と同じように取得していくことができるのです。

 

CDやDVDを使って、英語の環境を作ってあげるだけで、

英語に興味を持ち、英語の好きな子どもに育ちます。

 

本日のテーマの中学準備であると、

小学校の高学年であれば、慣れ親しむのではなく、

文法を学んだり、単語を一つでも多く覚え、

正確に書けるようにしていかなくてはなりません。

外国語として勉強を積み上げていくことが必要になります。

中学のテストで求められるのは、

文法や和訳、単語力だからです。

 

本校の英語は指導歴30年の青柳先生による

4:1名で行う少人数の取組です。

1分の隙間なく、

入力と左脳活動(プリント)がバランスよく

行われています。

楽しいという意識を持たせられるよう、

一人一人に合わせたカリキュラムです。

 

今年の中1年生の中間テストの「英語」の平均点は

92点です。

単語の覚え方(コツ)から始まり、

発音やヒアリングテストの解き方を

個別で指導します。

 

火曜クラスは一杯になりましたが、

木曜日、土曜日に空きが御ざいます。

ご興味のある方は是非お問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 教科書10年前より36%増

  2. いよいよセンター試験

  3. 入試問題にチャレンジ

    最近の入試問題にチャレンジ

  4. 語彙の増やし方

  5. 子どものやる気を育てる方法

  6. こころ

    東大合格へとつながる国語の力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2020年10月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約