表現力(文章力)はインプットから

太田市の幼児教室・塾・学習塾は個別指導の国語力開発、能力開発、の「泰利学舎」たいりキッズへ。塾長ブログ

 

公立高校を前期試験で合格した生徒さんと、

私立の特進クラスに進学した生徒さんに、

この3月までの期間が高校の予習だけでは

もったいないと感じ、

前期試験の総合問題で、文章の要約が苦手だったり、

論文に苦手意識を持っていたことを思い出し

「天声人語」の書き出しを10分間行いました。

 

分かりやすく、簡略にまとめるということは、

書くことに慣れていないと、とても難しいです。

新聞やニュースの原稿は中学卒業程度で理解できるように

作成されているそうです。

そして、この日々更新される「天声人語」は

近年でも、大学入試や高校入試の国語の問題で

度々出題されています。

 

読むだけでは、文章の構成まで掴むことは難しいです。

書くことで、インプットできるのです。

小中学生はアウトプットの経験が少ないので、

たくさん書かせることが、表現力を身に付ける上で大切です。

優れた作品に触れること、そして書くことをめんどくさがらずに

行って下さい。

天声人語の場合、10作品くらい書き出すと、

自分なりの手ごたえ(表現力を身に付けた)を感じるようです。

芸術的な感性や文章を学びたい(インプットしたい)場合は

有名文学作品の冒頭部分の書写が良いと思います。

(実際、大学の芸術文学部に進学した生徒が、

夏休みの宿題に書写が出たといっておりました。)

 

国語が苦手と言う生徒さんにお勧めのトレーニングです。

少々忍耐力が必要ですが、頑張りましょう~。

太田市内の書店でも天声人語用のノートが販売されていますので、

塾だけでなく、この春休みの取組に是非入れて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 私立高校入試前夜の取り組み

  2. 小学校と中学校の違い

  3. 学習力を育てる

  4. 道徳「徳育」のすすめ

  5. 地理のインプットをしよう!!

  6. 幼児に集中力を身に付けさせる方法②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約