テーマ作文について

 夏休みは普段の授業では時間的に扱うことが困難な作文や記述の問題を個別指導で行っています。
中学一年から160字作文(公立受験)を行うことで表現力を身につけます。
 短い作文を書くときのポイントは、自分の考えを(意見)をはっきりと述べること。そしてそれについての理由を書く。200字や400字であれば、第一に~、第二に~、等とすると読み手にも解りやすいですし、書いている本人も展開しやすく、文字数の調整も行うことができるので、試験等の時間制限のあるテストにはお勧めです。そして最後に全体(テーマ)のまとめで締めます。
 最初の自分の意見が「~かもしれない。」ですと次に論じるとき、視点がずれたり、話が枝分かれしていく原因になります。書き始める前に自分の考え、テーマ作文であれば、それについてYes、No等決めましょう。
 
 大学入試はAO試験がはじまりました。センター試験では計れない個人の特性や学校の特色に沿った問題が出題されます。それぞれの大学で試験要項が異なり、オープンキャンパス等に参加すると昨年の試験内容が教えてもらえることもあるようです。
 内容は大学や学部によって本当に様々です。オープンキャンパスの感想や、専門科目、技術についての質問。志望動機等様々です。

 受験生の皆さん、この夏は勉強と同じく、作文も力を発揮できるように、計画的に取り組んで行きましょう。冬休みは私立の高校、大学の試験が間近に迫っているので、作文の練習をする余裕がおそらくありません。夏休みに時間内で作文を書く練習をしておくことをお薦めします。

 本年の夏期講習も残席無しとなりました。ありがとうございます。充実した夏休みにしましょう!!

関連記事

  1. 動画でらくらく感想文

  2. 夏期講習の1期が終わりました

  3. 学習力を育てる

  4. 国語力

    学力の基本は国語力

  5. 夏期講習の始まり

  6. 読書で磨く国語力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約