学校教育プログラミングの必須化

 

 

太田市の塾・学習塾・国語力(読書・読解力)速聴速読・プログラミング算数・幼児教育・小学受験・中学受験・高校受験・大学受験・泰利学舎塾長ブログ

 

期末テスト対策の真っ只中ですが

午前中、渋谷で行われた

プログラミングの勉強会に参加してきました。

プログラミングが2020年から

学校教育で必須化されることは皆さん

ご存じのことと思います。

 

20年後の世の中を生きていくためには

必須の能力となります。

人間の手(労働力)を人工知能が担うようになる時代、

人に求められるのは

コンピータの働きを理解しながら、それが自らの問題解決に

どのように活用できるかをイメージし、

意図する処理がどのようにすればコンピータに伝えられるか、

さらに

コンピータを介してどのように現実世界に働きかける

ことができるかを考えることです。

 

AI(人工知能)と共に働く未来、プログらミンク知識は必須と感じます。

そして、AI(人工知能)が問題を解きやすいように問題の正しい見方を

すること、すなわち知恵を絞ることが絶対的に必要です。

私が考えていた以上に、プログラミングは

思考力、しかも筋道をたてた、論理的思考力が必要だと思いました。

 

この取組をすることで、

想像(こういう動き方をさせたい等のイメージ)力、推理、推察、考察力、

その思考したものを実現化するための、論理的思考力が身につきます。

その一連の思考が、「問題解決能力」となります。

 

Scratch(スクラッチ)をご存じですか。

MIT(マサチュ-セッツ工科大学)が開発した

ビジュアルプログラミング言語です。

このScratchを使用して、

作品(ゲームプログラムなど)を作ることができます。

 

次世代を生きるこどもたちには、

是非学ばせたいと感じました。

 

ゲームにはまる子どもがたくさんいますが、

逆に、それらを作ることを学ぶことで、

ゲーム(コンピータ)を制御できるように指導できると思います。

 

文科省のプログラミングのカリキュラムは

まだ、決定されていませんが、

3年はあっという間にやってきます。

現状の小学高学年のお子さんは、

中学校で初めてプログらミンクを習うことになります。

 

当校もそろそろ準備を始めたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 群馬県立高校前期試験 合格おめでとう!!

  2. 夏の特別講習

  3. 基礎の繰り返しは高い質を生む

  4. 夏期講習の1期が終わりました

  5. 国語力って伸ばせるの?3ヶ月で得点アップ!!

  6. GW中間テスト対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2021年1月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年12月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約