公立高校前期試験・面談指導実施

太田市の塾・学習塾は国語力重視・速聴速読の泰利学舎 塾長ブログ

 

いよいよ来週は公立高校の前期試験が行われます。

従来の調査書・論文・面接に加えて、

今年から、国語・数学・英語の3教科のテストが行われます。

合格点の比率は、学校や部活動推薦によって異なります。

平均的に調査書6・3教科の学力点3・面接1となっています。

 

一昨日前期試験の倍率が発表されました。

過去5年間で、一番倍率の高い年となりました。

本日はは午後2時から6:20分まで、

入試の過去問題に挑み、

7:00~9:30分を個別面接指導にしました。

 

初めての面接で、かなり緊張していましたが、

志望動機をしっかりと、自分の言葉で語ることができました。

 

どの高校も主体的に、学ぶ生徒を求めています。

目的意識がはっきりしていると良いと思います。

何を学びたいか。卒業後の進路は明確に答えられた方が良いです。

 

そして、「気になるニュース」「座右の銘」「最近よんだ書籍について」

は、用意していないと答えにくい内容です。

 

本校では、学校別で対策をまとめたものを、

私立入試の終わったタイミングで配布しています。

計画的に文章としてまとめておいてもらい、

個別で対応(チェック)しています。

 

自己PRも国語力ですから、日頃の作文力が試されますね。

そして、自己肯定力(自分を肯定できる)の強い生徒さんは

やはり自信があるように感じられ、好感を得ます。

日頃から誉められていると、自己肯定力は上がります。

ご家庭と塾でしっかりと認めてあげましょう。

 

練習することで、自信は出てきますから、

面接もしっかりと練習することをお勧めします。

 

本校の前期試験合格率は3年連続で

9割!!です。

国語力を重視した取組の成果の一つだと感じています。

 

また、太田高校は総合問題といって5教科横断問題です。

英文を読み感想を日本語で論じる、グラフからの読み取り、

論理的思考力を使う数学等、問題解決型のテストです。

過去の問題を数年分解きました。

また、県内では前橋高校、高崎高校が同じような総合問題です。

それぞれの高校のホームページから

昨年の問題がダウンロードできますから、

見ておくと良いでしょう。

ポイントは時間配分です。なれない総合問題ですから、

時間がかかると思います。

できそうな問題からはじめること、

思考する問題は時間を掛け過ぎないように。

時には捨てる勇気も必要です。

 

まだ前期試験まで、数日ありますから、

自分と向き合って、面接の練習、総合問題の演習も

行いましょう。

合格を祈ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 読解力と知識

  2. 群馬県公立高校前期試験面接指導

  3. 小学生もがんばってます。公立中高一貫模試(首都圏版)14位

  4. 私立高校合格発表

  5. 表現力(文章力)はインプットから

  6. 読書くらぶ

    読書と国語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約