群馬県公立高校、前期入試迫る

太田市の塾・学習塾・国語力優先指導・作文指導・速読速聴・読書読解コース・オンライン英会話・学びエイド・計画立て・小学受験・中学受験・高校受験・大学受験の泰利学舎塾長ブログ

 

いつもお読みいただいてありがとうございます。

本日は来週行われる、群馬県公立高校前期試験について

お伝えします。

 

前期試験の試験問題は

県上位高校の

前橋高校、前橋女子高校、高崎高校、高崎女子高校、太田高校では

適性検査型の5教科横断問題が出されます。

問題解決や自分の意見や感想をまとめる問題、

グラフや表の読み取りの問題が中心になります。

 

教科書のように答えがはっきりしている問題ではなく、

思考力や想像力、発想力を問われます。

入試問題は各学校で作られているので、

それぞれの学校で問題が違います。

過去2年分が県教育委員会のホームページから閲覧できます。

 

本日はトップ高校を目指す3名に

前期試験の過去問題を行いました。

私立高校の受験後から少しずつ取り組んできたので、

3名とも落ち着いて解くことができました。

 

首都圏の公立中高一貫校受験の適正問題は

非常に量が多く、

とくに数学(算数)は難しいです。

その公立中高一貫校の入試問題に比べると、

群馬県の公立高校は比較的に解きやすい内容です。

地域の山や神社が題材となっていたり、

数学もトップ校を受験する生徒さんなら、

解けるレベルのものばかりです。

 

昨年から急に問題がレベルアップしたように感じます。

2020年からの教育改革が、

正にこの入試問題の適正検査型のためか、

高校の先生も大分情報と知識を得ていらっしゃると感じる

試行錯誤された問題でした。

 

受ける生徒さんの得意不得意科目にもよりますが、

試験問題は大問数で6程度しかありませんので、

とれる問題はしっかり採ることが大切です。

記述の苦手な生徒さんも、

とりあえず答えを埋めること。

減点されても、得点は得られる可能性はあります。

 

最初にある程度全体の問題数を把握すると良いでしょう。

自分の取れそうな問題から解いてもよいです。

時間制限も学校によって違いますから、

最初に確認して、

1問に何分かけても良いか

おおよそ把握するとよいでしょう。

 

数学の思考問題や200字~300字の作文は

時間がかかり過ぎないように注意します。

 

普段書き慣れていない200字の作文は

練習しておくと良いです。

200字でまとめることは、意外に難しいです。

詳しく書いてしまうとまとめられません。

 

明日土曜日も9:00まで、塾で錬成しています。

明日は面接の練習と、

後期試験対策を予定しています。

いよいよラストスパートです。

しっかりとやり切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. いよいよ明日は白鷗高校特別選抜入試

  2. 前期試験を終えて

  3. 読書くらぶ 幼児コースの取組について

  4. みんなの夏期講習

  5. 前橋高校を前期選抜で合格した生徒さんが 受験期に使っていたノート

    前橋高校合格者のノートの取り方に学ぶ

  6. 図形学習指導勉強会に参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2020年10月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約