群馬高専、2年連続合格排出(倍率1・8)

太田市の塾・学習塾・国語力重視指導・速読速聴・小学受験・中学受験・高校受験・大学受験・PISA(新学力記述対策)・能力開発・ほめ育ての泰利学舎・塾長ブログ

 

群馬県の公立高校の後期試験は、3/7・8に行われます。

いよいよ本当のラストスパートです。

私立高校入試と公立高校の前期試験を経験したので、

受験の過去問題や記述式の問題の解き方が上手になっています。

もう一度、基本問題の見直しをして、

弱点補強に力をいれていきます。

全員合格に向けて、講師一同気合が入ります。

 

さて、数日前に群馬高専の合格発表がありました。

本校泰利学舎に通う生徒さんも

1.8倍の高倍率の中、見事合格しました。

高専の合格者はこれで2年連続です。

 

高専や他県の受験を希望する生徒さんは

個別のカリキュラムが必要です。

群馬県の公立高校の入試問題とは

出題も形式も異なるからです。

 

一昨年前から高専は出題形式が

記述からマークシートに変わりました。

マークシートの選択して解くは

思考して解く解き方と、解答の仕方が異なります。

群馬県の高校入試の過去問題を

いくら解いても、

国立高専の入試問題はまるで別物なのです。

高得点がとれるようには

なれないと思います。

 

また、高専ですから、

数学の問題はとても難しいです。

公立高校の入試問題には登場しないような、

規則性等の思考を使う問題が主体です。

大問1 の計算問題も

簡単に解ける問題は少ないです。

 

高専を受験するためには

学習計画が大切です。

中学3年生の数学、理科は早めに終了させて

秋には過去問題と入試レベルの数学問題の

錬成を始めたいです。

 

入試の日程も群馬の公立高校に比べると

3週間早い2月の半ばです。

公立高校の生徒さんと同じ進度では

間に合わなくなります。

 

数学以外の教科も独特な出題が多く

それぞれの対策が必要です。

国語の読解問題は、論説文の場合が多く、

理科は化学・物理分野の出題が多い等、

それぞれの教科の傾向と対策が必要です。

 

また、理数が得意な生徒さんたちばかりですから、

他教科、国語や社会でしっかり得点することも

対策になります。

 

昨年の倍率1.1から今年は1.8倍~2倍と

大きく跳ね上がりました。

 

私立大学の大学入試が難化していることで

大学へ編入できる高専に

人気がでているのかもしれません。

昨年、群馬高専から東工大への編入は

11名。圧巻です。

これから益々倍率が上がるでしょう。

 

合格を頂いた生徒さんの夢は

ロボコンに出場すること。

 

小学校高学年ごろから憧れていたとのこと。

小学校高学年でどういうものに

触れるかということも

とても大切だと感じました。

 

未来の工学博士を排出できたことも嬉しいです。

夢を叶えてくださいね。

 

 

 

 

関連記事

  1. ユダヤ式「天才」教育のレシピ

  2. 高3英語で100点 !!

  3. 道徳「徳育」のすすめ

  4. 我慢は能力の原点

  5. センター試験が終わり

  6. 読書好きにさせるには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約