私立と公立どっち??(中学編)

 小学生のお母様から中学受験の相談や質問を頂くことが多くなってきています。太田市には私立中学がないので、通学が不便という理由で断念される方が多いです。多くは近隣の桐生市、足利市、佐野市埼玉県の東部線沿線の学校へ通うからです。確かに小学校を卒業したばかりの生徒にとって電車に乗っての通学は不安があります。
 本日たまたま私の伯母と話す機会があったのですが、伯母の孫の通う埼玉県南部の小学校では学年のおよそ半数が私立中学へ入学したそうです。太田市は地方都市にしては教育熱の高い土地柄です。私立中学という環境があれば、希望する生徒はかなり増えるのではないかと思います。
 最大のメリットは大学受験を6カ年で考えカリキュラム化していることです。およそ高校2年生で高校の課程が修了され、残り一年は受験勉強にあてがいます。十分に受験に備えることができます。
 それに対して採用や免許が違うため公立中学の先生は高校を知りません。大学受験を視野に入れた発想や取り組みは勿論ありません。
 小学生の時点である程度将来の希望が決まっていると私立という選択は良いと思います。ただし、学校は勉強だけではなく、子どもの人格形成を養う場と考えたときはたくさんの生徒の通う公立の方が良いという考えもありますし、且つ授業料や通学にかかる費用、時間も選択の大きな問題となるでしょう。
 春は学年の変わる節目です。是非ご家庭でお子様の進路について話し合ってみて下さい。
学研CAI太田校では受験相談を行っています。お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 夏期講習を終えて

  2. こころ

    東大合格へとつながる国語の力

  3. 子どものやる気を育てる方法

  4. 中間テスト対策

  5. 公立高校前期試験・面談指導実施

  6. テーマ作文について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約