教科書10年前より36%増

 小学校の教科書検定が行われ、その結果は表題の通り10年前に比べページ数が36%増加しているとのこと。発展や応用が増え、「脱ゆとり」が定着、と昨日のニュースでとりあげられていました。
「そんなこと言われても、うちの子~」という保護者様の声が聞こえてくるようです。
 教科書のページがいきなり増えた、現小学校の高学年生を見ると、思考力が育っていないのです。低学年で発展や応用問題の、問題解決の経験がないのでしょう。算数の文章題と言えば、とりあえず書いてある数字を掛けたり割ったりする、くらいに考えているように思います。もとになる数は何か、問題が何を求めているのかを読みとろうとしていない、思考するという過程、あるいは思考する回路が著しく欠如しているように感じるのです。その上基礎の計算能力も定着しておらず、ミスが多いとなると本当に大変です。
 現中学生はとっぷりゆとり教育に浸かっていた生徒さん達です。基礎力なくしてこの教科書に立ち向かうわけですから大変です。集中力も持続できないと学力向上は難しいですよ。ゲームやパソコン、スマホにかまけている時間はありません。本人たちが悪いわけではないのですが、「脱ゆとり」という意識を持って取り組むことが大切です。中学生の応用発展問題はさすがに難しいからです。自分の解きやすい問題から、少しずつレベルアップさせていきましょう。計算問題も応用問題も積み重るねことで自分のものになっていきます。いよいよ新学期の始まりです。私自身、新学期は新たな目標を立てて、この「脱ゆとり」に挑みたいと思います。一緒に頑張りましょう!!

関連記事

  1. 公立高校前期試験合格おめでとう!!

  2. 図形学習指導勉強会に参加

  3. 中間テスト間近にせまる

  4. いよいよセンター試験

  5. 期末テスト対策最終日

  6. カール・ヴィッテの教育法②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2021年1月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年12月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約