英語教育

 平成25年に文部科学省は「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を打ち出しました。これによると今年度から推進され、具体的には小学校中学年で英語でコミュニケーションする楽しさを味わわせる。高学年で読み書きも含め友達と応答できる。
 中学校では授業は英語で行う。新聞を読める。高校生は時事問題を討論できる。です。
 さらに2020年より大学のセンター試験では、TOEFL、英検1級が重要視され、英語満点扱いとなります。益々英語教育の重要性が高まります。6年後ですから、今の中学一年生が大学受験するときから適応されます。大学進学を真剣に考えるならば、英検1級を目指した取り組みを進めていくべきでしょう。
 いつ頃から英語教育をはじめたらいいのでしょう。という質問をよく受けます。中学からですと、他の教科の勉強も時間を取っていからければならならいので、できれば小学校高学年でスタートすることをお薦めします。
 ヒアリング力や発音の美しい英語を目指すのであれば、幼児から始めるか、幼児期から英語環境を生活の中に取り入れることが望ましいです。
 大学入試のセンター試験でマスターしておきたい英単語はおよそ3000単語と言われています。3000と聞くととても多く感じるかもしれませんが、英語圏で生活している一般的な4,5歳児の語彙力がおよそ3000から4000語です。単語の難しさは違いますが、数としてはそのくらいです。
 吸収の良い時期に取り組めるとよいですね。その時期を過ぎてしまっていたら、、、ひたすら努力です!!一緒にがんばりましょう。この夏休みは英検の対策も多くとっていきたいと思います。

関連記事

  1. 高校受験「土曜合格講座」について

  2. 2学期中間テスト対策

  3. 群馬県公立高校 全員合格!!

  4. 教科書10年前より36%増

  5. どこまで下がるの? 公立高校偏差値

  6. 学力と計画性・学習管理能力は比例する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2020年10月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約