算数の文章問題の解き方

 小学生の考える力はどう育てるか。保護者様からよく寄せられる質問です。今日は算数の文章問題を例に考えます。
 算数の文章問題が苦手な生徒さんを見ていると、問題を見つめたまま手も足もでずに固まったままでいることが多いです。そして時間だけが過ぎて、結局できないままで終わります。
 このようにならないためには文章題を解くときには図を描いて考える習慣をつけておくことです。この手を動かしながら考え、試行錯誤することが大切です。
 例えば「バスが4台あります。2台には50人乗っていて、残り2台はそれぞれ48人、49人が乗っています。全部で何人乗っているでしょう。
 文章題の苦手な生徒さんはこのように数字が゜たくさん出てくると訳がわからなくなってきます。文章から状況が把握(イメ-ジ)できないからです。
 この場合バスを表す四角を四つ書き、中に50、50、48、49と数字を入れれば図は完成です。
この図が描ければ、式も自然と浮かびます。
 テストのときだけ描こうとしても難しいです。日頃からくせをつけておくとよいでしょう。低学年からこのような習慣をつけておけば、高学年で複雑な問題に挑戦するときも、試行錯誤することができます。
 学研CAIスクールでは考える力を何よりも大切に育てています。三か月から半年通塾することで、
図を描いて考えることができるようになります。一緒に学んでみませんか。

関連記事

  1. 幼児、児童期に数の概念と数のイメージを豊かに育てよう

  2. ユダヤ式「天才」教育のレシピ

  3. 年長児から始められる速聴読(脳力開発)

  4. 群馬県公立高校後期選抜試験考察

  5. 中3生の夏

  6. 教育現場でタブレットの使用が進む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

カテゴリー

コース案內

幼児コース 小学生コース 中学生コース 高校生コース

その他のコース

名作速聴読みコース ステップ飛び級進学コース オンライン英会話 国語記述対策講座 中学準備コース 前橋・前橋女子合格対策コース 熊谷・熊谷女子合格対策コース ZOOMオンラインコース マイクラ プログラミングコース

塾長面談 予約カレンダー

2024年2月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   
2024年1月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   ZOOM使用方法バナー   ポータルサイト掲載       LINE