群馬県、栃木県高校入試志望校全員合格!!

三月も残すところあと1週間になりました。

公立高校の入試結果は、昨年同様、前期試験でほとんどの生徒が合格しました。

そして後期試験を受けた2名も無事合格致しました!!

全員が志望校を変更せずに合格することができたことは 講師にとっても大きな喜びです。

お預かりした生徒さん一人ひとりの夢を叶える 学習塾でありたいと思います。

今年の群馬県高校入試問題から言えることは、5科ともに記述式問題が増えたことです

国語では「選挙管理委員長の説明文があり、それをもとに、選挙管理委員である太郎さんは クラスで投票前、投票後に伝えなければならないことを、それぞれ1文で書きなさい。」 という問題がありました。

これは公立中高一貫校(市立太田中学)の受験問題の「適性検査」と言われる試験の問題と類似しています特に群馬県の中高一貫校(市立太田中)受験問題はは学校行事の企画や運営方法の問題が多く出されています

中高一貫校の受験を小学6年生の時に経験し、錬成したことのある生徒さんは 簡単に解くことができたように感じます。

今年の高校入試では更に数学でも「七角形の外角の和が360度であることを説明しなさい。」 という文章で答える問題が出題され、

社会科では「子育て家庭を支援するための[ぐーちょきパスポート](提示することで様々なサービスが うけられるカード)の取り組みの特徴を簡潔に書きなさい」 という問題が出題されました。皆さん答えが浮かんだでしょうか?

 

これらから言えることは現状の学力観が思考力、企画力、想像力、思考力という表現力に移ったということです

これはPISA型と言われ、欧米諸国及びアジア諸国で行われるテストの学力観です。

PISA型については後日ブログで詳しく書きます。   今までの暗記を中心とした学力ではこのような記述の問題がとけません

 

とくに企画力についてはある程度錬成しないと、書けない(解けない)生徒が ほとんどです。

昨年から群馬県高校入試の記述傾向はありましたが、 今年で更にはっきりと、記述(PISA型)になったといえそうです。

このような傾向から、当塾では記述(国語力)を重視した取り組みを行っています。

 

昨年、今年とも前期試験の作文では全員が時間内に指示された作文(論文)を仕上げることができ、 見直しも十分にできたと、嬉しい報告を受けました。   今後も更に国語力を意識した取り組みを行って行きたいと思います。

関連記事

  1. 国語指導

    国語の指導について

  2. 小学、中学、高校、大学受験みんな頑張ってます!!

  3. 平成28年度 標準学力調査(小学生)について

  4. 群馬県公立高校前期試験練習の一日

  5. 高校受験「土曜合格講座」について

  6. 中学準備英語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約