読書で磨く国語力

良質な読書で心と感性を高めよう~

群馬県太田市の塾、学習塾は個別指導、国語力重視、能力開発の「泰利学舎」塾長ブログ

 

国語力は学力の土台

「読書の秋」「秋の夜長」というけれど、

・本を読むのが嫌い

・集中して読むことができない。

・子どもにどんな本を与えたらいいか分からない。
・マンガばかりで純文学はまったく読もうとしない。


というお子さんをもつ悩みは多いのではないでしょうか。

 勉強もそうですが、塾という空間だと、その時間は勉強と向き合うことができます。

やがてそれが習慣化し、自力学習ができるようになります。
読書も同じで、習い事や学習塾の取組のように考えると、

毎週一定の時間、良質の書籍を与え読書をしていると

自然と自ら本を読む子どもになります。

 

写真向かって左がわの生徒さんが読んでいるのは、あまんきみこ作「おにたのぼうし」です。

あまんきみこさんの作品は「ちいちゃんのかげ送り」等、

教科書でとりあげられています。

挿絵は、有名ないわさきちひろさんで、パステル画独特の世界観が広がっています。

 

右側の生徒さんは、宮沢賢治作「水仙月の4月」です。

日本語の言葉の響きの美しさを、プロのナレーターの朗読で

自然と感じとることができます。

感じたり、共感したことが、自分の語彙(ことば)となっていきます。

 

二つの作品とも、お子様が自分では手に取らない作品ではないでしょうか。

二人の生徒さんは、まだ初めて数か月の取組ですが、

「読書」への厚い壁がなくなってきているようです。

お母様から図書館から頻繁に本を借りてくるようになった

と嬉しい報告を頂きました。

 

国語力の根底には、文章から共感できる感性が必要です。

良書からたくさんの語彙のシャワーを浴びて、感性を磨きましょう!!

 

「読書くらぶ」は年長から取り組めます。
体験、教育相談は無料で行っております。

お気軽にお問合せ下さい。

楽しい読書をしましょう!!

関連記事

  1. 国際学力調査PISAから読み解く教育の変化

  2. 夏期講習の1期が終わりました

  3. センター試験が終わり

  4. 数学脳の鍛え方

  5. 夏休みのおすすめ家庭学習①

  6. こころ

    東大合格へとつながる国語の力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約