幼児に集中力を身に付けさせる方法②

太田市の幼児教育・小学受験・脳力開発は「泰利学舎」へ。塾長日々の気づきのブログ

 

先日「幼児に集中力を持たせる方法」をアップしたところ、

当校の幼児教育コースに通塾されている、お母様から質問を頂きました。

4歳、現年中児さんの集中力を持続させるにはどうしたら良いか?

というものでした。

このお子様は先月2月に入塾しました。

体験の時から、集中力がないことをお母様が気にされていました。

確かに、年中児さんの集中力に比べると、集中できる時間が短かい傾向にあります。

 

集中力のないお子様は

一つのことを長く取り組むことが苦手であったり、(そういう経験がなかったり)

身の回りの様々なものが気になる場合があります。

そのような場合は、前者は

の子の興味の持てる取組を5.6用意します。

それらを、1つ3分~5分間取組み、次々に繋げていきます。

目先が次々に変わるので、30分くらいは座ったまま取り組むことができます。

このようにして、30分取り組めたら、

今度は、一つ一つの取組の時間を3~5分間から10分間へと

次第に長くしていきます。

年中さんであれば、一つの取組を(粘土や折り紙等)

10分できたら、誉めてあげましょう。

少しずつどんな取組でも

集中してできるようになります。

 

後者の身の回りの様々な物が気になるお子様は、

興味や関心が外側に向く傾向があると思うので、

取組場所(机の上に)できる限り物を置かない。

クレヨンや鉛筆も1本だけ持たせる。

などのように、集中できる環境を作ってあげることが必要です。

落ち着いて取り組むようになるまで、数か月かかりますが、

次第に一つのことに集中できるようになります。

 

集中を持続できる時間=学習力です。

幼児期に最も身に付けたい脳力です。

 

慣れるまで、根気のいる取組ですが、

この時期に身に付けないと、後の学力に響きます。

小学校低学年で落ち着きのないお子様は、

文字を丁寧に書いたり、ミスなく計算する注意力を

身に付けることが難しいように感じます。

 

その時期、その時期に身に付けておきたい能力があります。

幼児教育も親業です。

いっしょにがんばりましょう!!

DSC_0320

 

 

関連記事

  1. 実力テストの勉強法

  2. センター試験が終わり

  3. 国語講師がオススメする日本文学

    泰利学舎国語講師がオススメする日本文学②

  4. 「幼児教育の知恵ぶろぐ」はじめました。

  5. 2学期期末対策

  6. 知能指数は生まれつき決まっているの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2020年10月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約