子どものやる気を育てる方法

太田市の幼児教育、小学受験は能力開発のたいりキッズへ 塾長ブログ

 

いつもブログをお読みいただいてありがとうございます。

本日は「やる気を育てる」です。お母様、お父様からよく頂く質問です。

 

今日このことを書くきっかけとなったのは、

私の個人のフェイスブックに、

私と息子の日々の出来事や行ったことを

書き綴っていたところ、

 

教室に通っていらっしゃる保護者さまから

「子どもの好きなことや、やりたいことをさせることが成長にどのような効果があるか」

という質問を頂きました。

いきなりの質問で少々驚きましが、

日々忙しく、そして若いお母様の素朴な質問であるのかもしれません。

 

先日2歳の息子が鉄橋を渡りたいと言ったので、

それを経験させてあげたのですが、

息子の「やってみたい」を叶えてあげると

もっと「やってみたい」「がんばりたい」「挑戦してみたい」

と自然とやる気が湧いて、

驚くほど吸収が良くなるのです。

 

中学の「泰利学舎」でもお母様の悩みの上位に「やる気がない」があげられます。

その場合、「誉めたり、認めてあげる」を意識的に行い、

眠っていた「やる気」を起こすのですが、

 

幼児は、やりたいという欲求を満たしてあげることがまず大切です。

幼児は「見たい」「知りたい」「やりたい」という欲求の塊です。

面倒でもできる限りつきあってあげて下さい。

 

また始まった。うるさいな~」

と放っておいて、欲求を諦めさせてばかりいると、

はじめから、諦めてしまう子どもに育つのです。

 

「うちの子、何にたいしてもやる気がなくて...。」

と。おっしゃるお母様は

「やりたい」という習い事ではない、習い事をさせたり、

どうせ長続きしないんだから、と

初めからさせなかったり。

という事が多くありませんでしたか。

 

あるいは、お兄ちゃんは、お姉ちゃんは、できたのに、

を連発していると

初めから、挑戦しない子に育ちます。

 

今の結果(成長)には やはり原因があるのです。

やる気スイッチを隠してしまったのは

周りの大人かもしれません。

受験期になって、スイッチをいくら探しても、

電源は消えているのです。

 

「やりたい」は日常にたくさんあります。

豆をビンに入れ替えたり、植木に水をあげたり、ハンカチを畳んだり

大変ですが、取りあえず付き合ってあげて下さい。

やる気マンマンのお子様に育ちますよ。

 

 

 

関連記事

  1. 地理のインプットをしよう!!

  2. 国語力

    学力の基本は国語力

  3. 国語講師がオススメする日本文学

    泰利学舎国語講師がオススメする日本文学②

  4. 夏期講習の1期が終わりました

  5. パズルで鍛える仮説的思考力

  6. カール・ヴィッテの教育法②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2021年1月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年12月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約