知能指数は生まれつき決まっているの?

本日は夕方から雪の予報が出ています。
先ほど年中児の授業が終わりましたが、子どもたちは雪がいつ降るのかと、待ち遠しい様子でした。
子どもたちの嬉々とした目とは逆に、私は昨年の大雪を教訓に午前中スコップを用意しました(笑)
また、本日は栃木県の公立高校の前期試験が行われました。
試験は小論文と面接、学校によっては総合問題があります。 それぞれの力を発揮してほしいと願います。 また、入試情報をこのブログで伝えていきたいと思います。

さて、本日は幼児教育について。質問の多い知能指数についてです。
人は140億の細胞を持っています。
生まれたばかりの赤ちゃんの脳細胞も数はそろっていますが、 脳細胞と脳細胞をつなぐシナプスが形成(配線)されていない状態にあります。
このシナプスの形成(配線)が多いほど脳の伝達がスムーズ(速く)に行われます。
知能指数は処理する速さが早いほど高くなります。
ですから、このシナプスの配線が多ければ多いほど、伝達の良い脳を造ることができるので、 知能指数を向上させることが可能と言えます。
では、どのようにしたらこの配線ができ上がるのでしょうか。
それは刺激によって造られます。
脳が刺激を受け取るのは、視覚(目)、聴覚(耳)、触覚(肌)、味覚、臭覚です。
見て聞いて、肌で触って感じる。そのような遊びを積極的に行うことです。
周囲からどのような刺激を、どのくらい受けられるかがとても大切なのです。

そしてこの配線は生まれてから急速に伸び、なんと3歳までに80%できあがってしまいます
脳は人の体の司令塔です。
ですからこの幼児期の過ごし方(どのような刺激を受けるか)で、 脳の質、土台が変わるといっても過言ではありません。
当然、その後の小学校入学後の学力にも影響します。
子どもは何もわからないからと言って、毎日同じ玩具や、同じ食事を与えていたり、
同じ遊びばかりしていては、この脳を育てる黄金期を逃してしまいます。
当校では、そのような遊び(刺激)をたくさんご用意して、幼児コースのカリキュラムを組んでいます。
家庭でもできる簡単な取り組みを、今後紹介していきたいと思います。

関連記事

  1. 群馬県公立高校前期試験への取り組み

  2. 一流と言われる人材へと成長させるには

  3. 自己管理能力を鍛えよう~

  4. 語彙の増やし方

  5. 高崎経済大学合格

  6. 「幼児教育の知恵ぶろぐ」はじめました。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • hiro
    • 2015年 2月 06日

    幼児期の教育って、本当に大事ですね。
    とても勉強になります。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約