タイムを計ろう

太田市の塾・学習塾・国語優先指導・速聴速読・小学受験・中学受験・高校受験・大学受験の泰利学舎 塾長ブログ

 

受験が近づくと、塾内は「ピピピー」というキッチンタイマーの

けたたましい音が鳴り響く。

入試の過去問題等を、

時間を計測して取り組む生徒が増えるのです。

 

ストップウォッチでもよいのですが、

ストップウォッチだと、画面が小さくて見にくいことと、

カウントダウンができない、

片方の手で握りしめないとスタート、ストップが押せないことから

(ロスタイムが生じてしまう。)

当校ではキッチンタイマーを使用しています。

見やすく、お勧めです。

 

幼児・小学生の取り組みでは

3分・5分で計算や迷路・線つなぎ等を行うと、

時間内で処理しようとする力を育てることができます。

マィペースなお子様、

動作が遅いと感じる生徒さん等には

取り組みの一つとしてさり気なく行います。

お勧めです。

 

中学生はやはり摸試等の過去問題や入試過去問題の

時間配分を身に着けたり、

その時間内にできるか、

現状の実力を見るために使用します。

 

高校生の現状のセンター試験は

時間との闘いですから、

タイムを計ることは必須です。

能力 = 早さ×達成率で、

基礎基本事項をを競うテストなのです。

 

中学生、高校生になってから、

処理能力を上げることは、正直難しいです。

幼児・小学生のうちに、処理能力の

感覚を身に着けておくことが大切です。

(早くても雑に仕上げるのはダメです。)

 

 

そして毎日10分間、

計算問題を解くや、英単語・漢字の練習をするなど

日々の反復練習をするために

タイマーを活用してもいいでしょう。

積み重ねの計算や漢字等の練習は

だらだらと行うことは避けたいですね。

 

また、いやな(苦手な)取り組みほど、

短時間で集中して行えるといいと思うので

例えば、歴史を覚えるのが苦手だったら、

この1ページを5分間で覚えよう。

のように取り組むと、

苦手教科も前向きに、勉強を進めることができます。

 

ダラダラと、最後まで手を付けずに

放置しないことが

苦手克服の第一歩と言えます。

 

さて、いよいよ2月、受験の追い込みラストスパートです。

5分という細切れの時間も活用して、

志望校合格に向けてがんばりましょう。

 

写真のタイマーは

先日大宮で開かれた教材展にいってきた時に、

駅前の家電量販店で、セールを行っていたので、

思わずまとめて購入してきました。

スタンドもついていてとても見やすいです。

これも立派な教材ですね。

 

ご家庭でも活用してみてください。

 

関連記事

  1. 群馬県公立高校後期選抜試験考察

  2. 夏期講習準備

  3. 学校教育プログラミングの必須化

  4. 英語教育はいつから、どこまで?

  5. 一流と言われる人材へと成長させるには

  6. 読書くらぶ

    読書と国語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

コース案内

幼児コース

小学生コース

中学生コース

高校生コース

その他コース

読書読解コース

小学受験コース

オンライン英会話

中学準備コース

前橋・前橋女子合格対策コース

熊谷・熊谷女子合格対策コース

国語記述対策講座

塾長面談 予約カレンダー

2020年9月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2020年8月

2020年教育改革   よくある質問   保護者生徒の声   合格実績   国語講師がオススメする日本文学   講師募集   Facebook   塾長面談予約   ZOOM授業予約